〒770-0011 徳島市北佐古一番町4-17

診療時間
9:00~12:30/16:00~19:30
  休診日 
水曜日/日曜午後
駐車場
病院前 7台
088-679-8930
デンタルケア・歯科

デンタルケア・歯科

犬や猫の歯について

犬や猫も、私たち人間と同じように歯を磨かないと、様々な口の中の病気にかかってしまいます。なんと、3歳以上の犬や猫の約8割が、歯周病(予備軍も含む)にかかっているともいわれています。歯周病は放っておくと、全身の健康にも影響してきてしまいます。

適切なデンタルケアをおこなって、健康な歯でわんちゃん・ねこちゃんの長生きにつなげましょう。

歯周病とは?

犬や猫は人とは口の中の環境が違うため、虫歯にはなりにくいですが、歯周病になりやすいです。

歯周病は、歯を支える歯周組織に炎症が起こる病気のことです。歯周病の原因は、歯垢や歯石に含まれる細菌です。歯と歯肉の間の歯周ポケットについた、歯垢や歯石の中で細菌が増え、炎症を起こします(歯肉炎)。歯周ポケットが深くなり細菌がさらに繁殖すると、炎症は悪化して(歯周炎)激しい口臭や歯肉が腫れて出血が起こりやすくなります。

歯周病が進行すると、歯の根元から皮膚に膿の出る穴があく外歯瘻(歯根膿瘍)や、口と鼻が貫通してしまう口鼻瘻管、顎の骨が脆くなり骨折するなどの病気が起こってきます。

歯垢と歯石

歯垢とは、口の中にいる細菌が歯の表面に付着して増殖したものをいいます。つまり、細菌の塊です。歯石は、歯垢が唾液中のミネラルと結合し、硬くなったものです。歯垢は3~5日で歯石となります。歯垢は歯磨きで落とすことができますが、歯石になってしまうと歯磨きでは落とすことができません。

歯周病を予防するためには、歯磨きで歯垢を除去して、歯石を作らないようにすることが大切になります。

こんな症状に注意!

わんちゃんやねこちゃんに次のような様子が見られたら、歯周病がおこっているかもしれません。病院での歯科検診をおすすめします。

  • 口の中が臭う
  • よだれが増えた
  • 口の周りが濡れている
  • 頭部をよく振る
  • 食事中に突然鳴くことがある
  • 食べにくそうにしている(食べ方や噛み方がいつもと違う)
  • 柔らかいものしか食べなくなった
  • 口を気にして前脚でいじったり、口を床にこすりつけたりする
  • 頬が腫れている
  • くしゃみをよくする

おうちでできるデンタルケア

歯磨き

歯周病にならないために、おうちでの歯磨きが重要です。毎日の歯磨きが理想ですが、少なくとも2~3日に1回は行いましょう。子犬の頃から、歯磨きの習慣を身につけておくと良いでしょう。口周りは触られるのを嫌がることが多いので、褒めたり、ご褒美をあげながら徐々に歯磨きになれさせます。

STEP1:口の周りを触ることに慣れさせましょう

優しく顔や口周りに触れて、触られることに慣れさせます。口の周りを触らせてくれたら褒めたり、ご褒美をあげたりして、良い印象を与えます。

STEP2:口の中に指を入れてみましょう

口周りを嫌がらずに触らせてくれるようになったら、そっと唇をめくり歯や歯茎へ優しく触れていきます。最初は前歯から行い、徐々に奥歯も触れていきます。無理はせず、優しく歯や歯茎をマッサージするようにしましょう。

STEP3:ガーゼやデンタルシートで磨いてみましょう

湿らせたガーゼやデンタルシートを指に巻いて、優しく歯に触れましょう。慣れてきたら、マッサージするように歯を擦ります。唇をめくって、頬側の歯を磨くだけでも効果があります。※ガーゼやデンタルシートを食べられないように注意しましょう。

STEP4:歯ブラシで磨いてみましょう

湿らせた歯ブラシを優しく口に入れ、歯ブラシに慣れさせます。最初は優しく、歯の表面(頬側)をなでるように磨きます。慣れてきたら、歯の裏側にも挑戦しましょう。

便利なデンタルケアグッズ

歯磨きの慣れに合わせて、たくさんのケア用品が販売されています。わんちゃん・ねこちゃんの様子に合わせて使用しましょう。

歯科処置について

一度ついてしまった歯石は、歯磨きでは除去することができません。しかし、どんなに頑張って毎日歯磨きをしていても、年齢を重ねると少しずつ歯石が付着していってしまいます。また、歯周病が進行すると、おうちでのデンタルケアだけでは対応できなくなってしまいます。

歯垢や歯石の除去を行い(スケーリング)、歯の表面を研磨する(ポリッシング)ことで、毎日のデンタルケアもしやすくなります。

 

犬猫の場合、歯石を除去するには全身麻酔をかけての歯科処置が必要になります。当院では、動物への精神的負担が大きいことや治療効果が少ないことなどから、無麻酔での歯科処置は行っておりません

 

日々の診察でお口の中の状態をチェックして、必要であれば歯科処置のご相談もさせていただきます。

お口のことで気になる症状があれば、診察にお越しください。